元気溌剌な夏声を作ろう…ラタトゥイユ


2018年の梅雨は短く、夏が早くやってきました。

暑い夏は、声を管理するのも大変。

今日は「元気溌剌な夏声を作ろう…ラタトゥイユ」です。





茄子 ☞ 体の熱を冷まし、血流をよくする。利尿作用があり、声帯のむくみをとる

トマト ☞ 口の渇き、食欲不振に効果的。リコピン。内喉頭に潤いを与える

パプリカ ☞ 心を穏やかに鎮める作用がある。βカロテン。本番の緊張に強くなる





夏野菜の美味しい季節になりました。

そこで今回は夏野菜をたっぷりつかったラタトゥイユをご紹介します。

夏野菜には体の熱を冷ます作用があります。

トマトには抗酸化作用があるリコピンやビタミンが含まれていて、紫外線からのダメージやストレスを改善してくれる作用があります。

パプリカやズッキーニに含まれているβカロテンは粘膜を強化してくれます。

そして、リコピンもβカロテンも油と一緒にとるとより体に吸収されやすくなります。

夏野菜をたっぷり食べて、体も声も、暑い夏を乗り切りましょう。



b0367322_18165315.jpg


〈材料〉
・ズッキーニ  1本
・茄子  2本
・パプリカ(赤・黄)  各1/2個
・トマト(完熟)  2個
・にんにく  1かけ
・塩  小匙1/2
・醤油  小匙1
・ローリエ  1枚
・オリーブ油  大匙4

〈作り方〉
1 茄子とズッキーニは1㎝の厚さの輪切りにし、茄子は水にさらす。パプリカは種とヘタをとり一口大に切る。トマトはヘタを除いて大きくざく切りにする。

2 厚手の鍋にオリーブ油とつぶしたニンニクを入れ中火にかけ、香りがしてニンニクがこんがりとしてきたら、トマト以外の野菜を加えて炒める。

3 全体に油がまわったら、トマトとローリエを加え蓋をして弱めの中火で20分程煮る。塩、醤油で味をつけ火を止める。もしも水分が多いようなら蓋を取って強火にかけ、汁気を飛ばす。そのまま冷まし味をなじませたら出来上がり。







注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 





by koe-meshi | 2018-07-02 10:59