声に良いハーブティー


それはアロマティカス〔Aromaticas〕。

インドから南アフリカを原産国とする非耐寒性常緑多年草です。

肉厚の葉からは、セージに似た優しく爽やかな香りがしっかりと感じられます。

そう、鼻と喉はつながっています。

香り豊かに感じるようなステキな声になるかもしれませんよ。




b0367322_10420845.jpg






声に良いハーブティーのレシピ  1人前


アロマティカス6

紅茶リーフ(アールグレイがお薦め)2グラム

または、ティーバッグでも可


アロマティカスの葉を6枚ちぎります。

厚みがあり芳香を放っている葉を選びましょう。

水洗いし、続いて水分を拭き取ります。

手のひらに敷いて、はさむように強くポンと叩きます。



b0367322_10421988.jpg



紅茶リーフと共にティーポットに入れ、沸騰したお湯を注ぎます。

蒸らす時間は3~5分。

長すぎると苦くなります。

葉が入らないよう気をつけながら温めたカップに注ぎましょう。

さあ、声に良い香りをお楽しみください。




このアロマティカスは、とても育てやすいので、是非ともご自宅で、声の癒やしの香りをお楽しみください。




上記のハーブティーに、薄くスライスした生姜(しょうが)片を一枚入れると、血行が良くなって身体が温まり、喉頭機能も促進されます。アレルギー体質やイガイガして苦手な方は遠慮すべきですが、歌う前に利用するのがお薦め!






注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。 



監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2018-09-09 10:53

ボイス丼 【声に良い食材が満載】



今年の夏は暑い。

こんなに暑いと、キッチンで火を使うのも嫌になってしまいます。

そんな時は、なるべく火を使わず簡単に用意できる、らくちんな「海鮮ネバネバ丼」はいかがでしょうか。

マグロには造血作用があり、血行を促進してくれます。

発声は喉の筋肉の小さな運動、すなわちスポーツですから、血行は大事な要素になります。

エビにはタウリンが含まれており、疲労回復に効果的です。

声の疲労回復にも効果的だと思います。

納豆やオクラのネバネバは粘膜を保護・強化して血液をサラサラにしてくれます。

ファルセットや裏声は、声帯粘膜を多用するため、納豆やオクラのネバネバは、まさにおすすめ。

しらすはカルシウムが豊富で、骨粗しょう症の予防にもおすすめです。

大葉は漢方では、気の巡りを良くし、ストレスを解消する効果があるとされています。

具材を用意して、ご飯の上に乗せるだけで出来上がるのでとっても簡単です。

オクラを茹でるのが面倒ならば、長芋もおすすめです。

すりおろすか、麺棒で叩くなどして乗せてください。

発声に良い食材が満載。

これは、まるで声のための丼に他なりません。

そう、ボイス丼なのです!

しっかり食べて最高の声を獲得しましょう。






b0367322_20523256.jpg


〈材料〉

・マグロ     適量
・甘エビ     適量
・釜揚げしらす  適量
・納豆      1パック
・オクラ     3本
・白ごま     適量
・大葉      1枚
・ご飯      茶碗1杯分
・わさび
・醤油


〈作り方〉

1 どんぶりにご飯をよそって粗熱を取っておく

2 粗熱のとれたご飯の上に白ごまをふり、具材をすべて盛り付けたら出来上がり


※お刺身はお好きな物を用意してください。
 オクラは茹でてもよいですし、生でも食べられます。
 オクラにはチクチクする産毛が生えているので、塩を振って板ずりしておきましょう。
 





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2018-08-22 11:48

元気溌剌な夏声を作ろう…ラタトゥイユ


2018年の梅雨は短く、夏が早くやってきました。

暑い夏は、声を管理するのも大変。

今日は「元気溌剌な夏声を作ろう…ラタトゥイユ」です。





茄子 ☞ 体の熱を冷まし、血流をよくする。利尿作用があり、声帯のむくみをとる

トマト ☞ 口の渇き、食欲不振に効果的。リコピン。内喉頭に潤いを与える

パプリカ ☞ 心を穏やかに鎮める作用がある。βカロテン。本番の緊張に強くなる





夏野菜の美味しい季節になりました。

そこで今回は夏野菜をたっぷりつかったラタトゥイユをご紹介します。

夏野菜には体の熱を冷ます作用があります。

トマトには抗酸化作用があるリコピンやビタミンが含まれていて、紫外線からのダメージやストレスを改善してくれる作用があります。

パプリカやズッキーニに含まれているβカロテンは粘膜を強化してくれます。

そして、リコピンもβカロテンも油と一緒にとるとより体に吸収されやすくなります。

夏野菜をたっぷり食べて、体も声も、暑い夏を乗り切りましょう。



b0367322_18165315.jpg


〈材料〉
・ズッキーニ  1本
・茄子  2本
・パプリカ(赤・黄)  各1/2個
・トマト(完熟)  2個
・にんにく  1かけ
・塩  小匙1/2
・醤油  小匙1
・ローリエ  1枚
・オリーブ油  大匙4

〈作り方〉
1 茄子とズッキーニは1㎝の厚さの輪切りにし、茄子は水にさらす。パプリカは種とヘタをとり一口大に切る。トマトはヘタを除いて大きくざく切りにする。

2 厚手の鍋にオリーブ油とつぶしたニンニクを入れ中火にかけ、香りがしてニンニクがこんがりとしてきたら、トマト以外の野菜を加えて炒める。

3 全体に油がまわったら、トマトとローリエを加え蓋をして弱めの中火で20分程煮る。塩、醤油で味をつけ火を止める。もしも水分が多いようなら蓋を取って強火にかけ、汁気を飛ばす。そのまま冷まし味をなじませたら出来上がり。







注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 





# by koe-meshi | 2018-07-02 10:59

声に彩を! ~緑黄色野菜~


野菜は主に色が鮮やかな緑黄色野菜と、色が薄い淡色野菜に分けられます。
どちらにも良いところがあり、バランスよく取ることが大切ですが、今回は緑黄色野菜のお話です。

緑黄色野菜は淡色野菜に比べ、栄養がとても豊富に含まれています。
特にβカロテンがとても多く含まれ、ほかにはビタミンC、カルシウム、鉄などの栄養素が含まれています。

βカロテンには強い抗酸化作用があり、細胞組織を活性酸素から守ってくれます。
活性酸素は老化や生活習慣病、ガンなどを引き起こす原因になるものです。
緑黄色野菜を積極的に摂取すると、アンチエイジング効果やガンを防ぐ効果が期待されます。
健康であってこそ、豊かな発声が叶います。

βカロテンは油と一緒に摂取することで体に吸収されやすくなります。
油でサッと炒めたり、マヨネーズなどを少しつけたりして食べることをおすすめします。

いろいろな野菜をたくさん食べて、元気な体とステキな声を作りましょう!




b0367322_20490768.jpg


b0367322_20491391.jpg






追記:βカロテン不足でファルセット能力が低下する話を耳にしました。これは声帯粘膜による振動効率に関係するものと推察します。





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2018-05-30 16:54

声の調子を整えよう ~豚肉のオイスターソース炒め~


体調が優れなければ良い声は出せません。

豚肉のオイスターソース炒めで、声の調子を整えましょう。



豚肉 ☞ ビタミンB1 声の疲労回復、声帯粘膜の調子を整える。

椎茸 ☞ 食物繊維 お通じの改善など


豚肉にはビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB1は疲労回復効果があり、ビタミンB2は皮膚や粘膜の生成を促します。

季節の変わり目で体がだるい、花粉アレルギーで目のかゆみや鼻水が止まらないなど、この時期は体調を崩す人が多いですね。

ビタミン豊富な豚肉と、腸内環境を整える食物繊維が豊富な椎茸をモリモリ食べて、体と声を元気にしてあげましょう。

牡蠣の旨味がギュッとつまったオイスターソースをつかえば、とても簡単に味が決まりますよ。




b0367322_10245131.jpg


〈材料〉
・豚ロース薄切り(5㎝位に切る)  200g
・茄子(乱切り)          3本
・ピーマン(乱切り)        3個
・椎茸(薄切り)          3個
  





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2018-04-13 04:44

古代小麦のパスタで声に活かそう!


スペルト小麦のパスタで声に古代のパワーを!


スペルト小麦は、現在広く使われている普通小麦の原種である古代小麦です。
遺伝子操作も人工的な品種改良もされていないスペルト小麦は、普通小麦に比べると消化しやすく高齢者や病弱な方にも向いています。
また、小麦アレルギーが出にくいとされています。

今回ご紹介するのはスペルト小麦で作られたパスタです。
色は乾麺の状態だととても茶色ですが、茹でると随分薄い色になります。
独特な風味と触感があり、もちもちとしてとても美味しいです。
麺が美味しいので、こってりとしたソースよりもシンプルな食べ方のほうがおすすめです。
私は、醤油とゴマ油で和えた納豆とツナを乗せて、刻みのりと白ごまをふって食べるのが気に入っています。

普通小麦よりも栄養価も高く、消化もよいスペルト小麦。
古(いにしえ)からの知恵を声に活かしましょう。
ぜひ試してみてください。

※スペルト小麦はグルテンフリーではありませんので、お気をつけください。


b0367322_06012383.jpg





b0367322_06013167.jpg






注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2018-02-15 02:13

胃腸から声を高めよう! さつまいもパワー


やはり、体調がすぐれなければ良い声は出せません。
今回は、胃腸にフォーカスして「さつまいも」を取り上げます。



ヤラピン ☞ 腸の動きを良くし、便をやわらかくする

食物繊維 ☞ 便秘解消

カリウム ☞ むくみ防止(声帯のむくみにも効果的!)

ビタミンC ☞ 風邪防止



サツマイモには、ヤラピンという腸の動きを良くして便を柔らかくする成分が含まれています。サツマイモを輪切りにしたときに出てくる白い液体がヤラピンで、サツマイモにのみ含まれる成分です。サツマイモは食物繊維とヤラピンの相乗効果でお通じを整えてくれます。

また、ビタミンCはりんごの7倍含まれています。この季節、風邪やインフルエンザのウイルスに負けないためにも大切な栄養素ですね。

おすすめの食べ方は皮ごと食べること〔可能な限り〕。ヤラピンは皮に近いところに含まれています。皮を捨てるなんてもったいない! 調理前によく洗い、皮ごとの調理をお勧めします。




b0367322_06013710.jpg





追記:飲酒後や起床時に「いつもより声が低いなぁ」と感じたら、それは声帯浮腫(病気を除く)の可能性があります。つまり声帯のむくみ。声帯粘膜の水分が増し、質量が増え、振動が重くなります。さらに声帯ヒダに左右差が生じれば、振動のスピードや振幅が異なり、発声し難くなったり、息が漏れてかすれ声になったり、美声から遠のきます。





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2018-01-23 17:03

謹賀新年 2018




あけましておめでとうございます、MoRiです。





声と食べ物の検証は時間がかかるため、数多くアップできませんが、今年も楽しくやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。





このお正月は、大勢の知人(歌手や声優さん)が集まり、にぎやかなパーティー。





この頃、おせち料理を家庭で作ることが少なくなりましたね。





おせち料理には多くの食材が使われ、声に良い栄養素もいっぱいです。





さあ、お正月料理で、今年も素敵な声を!





b0367322_16043940.jpg

本格的なおせち料理は「菊乃井」









b0367322_16044605.jpg

イタリアンのおせち料理は「タニーチャ」







注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2018-01-01 21:06

食べる味噌汁


味噌必須アミノ酸が豊富【声帯筋の筋力アップ持久力の向上



最近すっかり寒くなってきましたね。

寒くなってくると温かいものが食べたくなってきます。

そんな時におすすめなのが汁物です。

きのこや根菜、豆腐、こんにゃく、肉や魚、なんでも好きな材料を入れてしまいましょう。

具だくさんのお味噌汁は食べごたえがあるので、立派なおかずになるんです。

しかも、切って鍋に放り込むだけなので簡単なうえに洗い物も少なくすみます。

具だくさんな食べる味噌汁で体を温め、声帯運動を強化しましょう!





b0367322_10251288.jpg







注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2017-12-26 15:23

パワフル・ボイスを作ろう! まぐろのポキ


まぐろタウリンビタミンE鉄分が豊富



まぐろの赤身は高タンパク、低脂質のヘルシー食材です。

赤身に多く含まれるタウリンは、肝機能を高め血圧やコレステロールを下げる働きがあります。

また、多くの女性が悩まされている貧血にもとても効果があります。

鉄分は、植物性食品(卵・乳製品含む)からよりも、動物性食品からのほうが体内への吸収率が高いんです。



しっかり美味しく食べて、パワフル・ボイスを作りましょう!





b0367322_10250681.jpg


〈材料〉
・マグロ  1冊
・玉ねぎ  1/2個
・にんにく  1かけ
・醤油  大匙2
・みりん  大匙1.5
・ゴマ油  大匙1
・乾燥わかめ  適量
・温かいご飯  適量
・白ごま  適量


〈作り方〉
1 マグロは一口大に切り、玉ねぎとにんにくは薄くスライスする。

2 ボウルに1と醤油、みりん、ゴマ油を入れよく和えたら、ラップをかけて冷蔵庫にいれる。
  (漬け時間はお好みによりますが、薄味が好みなら30分程度で、しっかり味がお好きなら半日~1日おいてください)

3 お皿にご飯と2を盛り付け、水で戻したわかめを添えたら、白ごまを上からふりかけ出来上がり。







注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2017-11-09 06:14

声の万能食材… かぼちゃ!



かぼちゃ☞ 声帯粘膜を守り、強くする… βカロテン



かぼちゃはとにかく栄養が豊富!

特にβカロテン、ビタミンがたくさん含まれています。

βカロテンは体内でビタミンAに変わり、声帯粘膜を強化してくれます。

そのほかにもカリウムや食物繊維が豊富。

かぼちゃは糖質を多く含みますが、それよりも栄養がたっぷりな食材です。

ここ最近は糖質を控えたいという人が増えているようですが、食事はバランスが大切です。

特にこれからの季節は風邪やインフルエンザが心配になってきますよね。

かぼちゃは免疫力を高め、体を温めてくれます。

適量を食べたくらいでは太ることはありません。

自分で作るのが面倒ならスーパーなどのお惣菜でOK。

かぼちゃをおいしく食べてウイルスに負けない強い体を作りましょう!

そう、かぼちゃは声に万能な食材なのです!




b0367322_12274773.jpg




注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2017-10-13 12:39

声に艶と力を!〔アボカドちりめんトースト〕




アボカド ☞ オレイン酸・リノール酸・ビタミン


アボカドは「森のバター」と言われるほど脂肪分が多くカロリーの高い食材です。

ですが、その脂肪のほとんどがリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸でできています。

不飽和脂肪酸はコレステロールの減少や動脈硬化の予防に効果があるとされているので、1日に1/2個までなら適量とされています。

ほかにもビタミン・ミネラル・葉酸などたくさんの栄養素が含まれています。

声に艶を!

歌にパワーを!

コンサートやレコーディング前でも簡単にパパッと作れて美味しく栄養たっぷりなトーストのご紹介です。




b0367322_18151986.jpg




〈材料〉
・好みのスライスパン 1枚
・アボカド 1/2個
・ちりめんじゃこ 適量
・とろけるチーズ 適量
・黒コショウ 適量


〈作り方〉
1.パンにスライスしたアボカド・ちりめんじゃこ・とろけるチーズをのせる。

2.オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。

3.お皿にのせて黒コショウをふったら出来上がり。


※アボカドが高カロリーなのでチーズの量はほどほどにしておきましょう。






注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 






# by koe-meshi | 2017-09-06 10:38

地声を高めるコールドビーフ!



牛肉 ☞ 良質なタンパク質、必須アミノ酸がバランスよく含まれている:声帯筋の強化で地声力をアップ!




b0367322_20310848.jpg



ローストビーフは知っているけどコールドビーフは知らないという方多いのではないでしょうか。

コールドビーフとはローストビーフをすっかり冷ましたもののことを言います。

冷たくなっただけで名前が変わるなんて不思議です。

ローストビーフはブロック肉を使って作るので一度の食事ではとても食べきれる量ではありませんよね。

作りたてのローストビーフはほんのりと温かいうちに食卓へ。

残りは冷蔵庫に入れて翌日のサラダやサンドイッチ、和風ドレッシングをかけてネギを散らしてさっぱりといただくのも美味しいですよ。

コールドビーフとして食べるときは薄くスライスするのがおすすめです。

ローストビーフを作るのは面倒そうに思えますが、実はとても簡単です。

ぜひチャレンジしてみてください。








注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 




# by koe-meshi | 2017-08-12 18:40

白味噌【京野菜と伊勢海老の鍋】


頂き物の話題で恐縮ですが、この鍋を食した後の発声感は爽快でした。

名称:京野菜と伊勢海老の鍋 白味噌仕立て

料理:和久傳(わくでん)

食材:伊勢海老、京水菜、九条葱、聖護院大根、金時人参、揚げ生麩、堀川牛蒡、芹、畑しめじ、湯葉、南禅寺麩、胡麻豆腐、小餅、柚子、辛子、白味噌だし





さて、このあと白味噌摂取と声状態の関係を何度も調べました。

結果、声の質感向上に適しているのでは思われました。

是非、京都の白味噌仕立ての鍋や雑煮など召し上がってください。







b0367322_20303746.jpg



b0367322_20304687.jpg





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。また、時季外れや旬でない食材が載っている場合もあります。これは繰り返しの調査に時間を要した結果です。ご了承ください。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 




# by koe-meshi | 2017-07-17 18:11

声も羽ばたけ! ~鶏の唐揚げ~


鶏肉 ☞ 高たんぱく低カロリーで、ビタミンミネラルが豊富【皮や手羽にはコラーゲンが多く含まれている】



声帯は、主に声帯筋と声帯粘膜で構成されています。筋肉には良質なたんぱく質が必須。粘膜にはコラーゲンが重要。この二つを含む鶏肉は声のベストフードです。




b0367322_20302927.jpg



鶏肉は味にあまりクセがないのでとても食べやすいお肉です。
高たんぱく・低脂肪なのでダイエット中や筋肉をつけたい方にはもってこいの食材です。
部位によって含まれている栄養素も違うので、食べる目的や調理法、好みで使い分けてください。


写真は鶏一羽を半分に切ったものを豪快にから揚げにしたものです。
油で揚げているのでカロリーは少し気になりますがたまにはいいですよね(笑)






注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 




# by koe-meshi | 2017-06-13 05:24

ししゃもで歌唱のための心身強化を!


ししゃも(柳葉魚) ☞ カルシウム・EPA・DHA

頭から尻尾まで丸ごと食べ、骨や筋肉を強くし、歌唱に活かしましょう。
また、EPAには精神安定効果の研究報告もあります。
なんてったって歌うことは一種のスポーツ。
心身共に強くなければいけません。



b0367322_20295835.jpg




追記:一般に流通しているししゃもには二種あります。北海道で獲れる本来の「ししゃも」と、極北海域で獲れる代用としての「カラフトししゃも(カペリン)」です。どちらも天然ミネラルの宝庫ですが、やはり鵡川町産ししゃもの味がサイコーです!





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 





# by koe-meshi | 2017-05-18 17:09

声に持続力を!


プンパニッケルというパンをご存知ですか?
プンパニッケルはドイツ発祥のライ麦100%で作られた黒パンのことです。
ライ麦100%なのでグルテンを含みません。
グルテンを含んでいないので生地を焼いてもほとんど膨らまず、どっしりと重たくなかなか食べごたえのあるパンです。
独特な強い酸味があるので、苦手な人も多いようです。
ですがこのパンにはビタミンミネラル食物繊維がとても豊富に含まれています。
小麦粉で作られた白いパンはもちろん美味しいですが、栄養素はこちらのほうがグンと勝ります。
サワークリームやクリームチーズ、酸味のあるジャムをぬったり、生ハムやスモークサーモンをのせたりといろいろな食べ方ができます。【画像右白皿】
バランス良い栄養で、声の持続力を高めましょう!
もしも見つけたら一度ためしてみてください。
ドイツパンの美味しさにはまるかもしれませんよ。




b0367322_20305256.jpg




※画像左木器はキャベツとプチトマトのコンソメスープです。





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 




# by koe-meshi | 2017-05-02 05:56

声帯筋パワーアップステーキ


声の根本は音です。
音は空気の粗密波(振動)。
それを作り出すのが声帯ヒダ。
声帯ヒダは、主に声帯筋と声帯粘膜で構成されます。
また、声帯筋は、収縮を除き、自ら動くことはできません。
よって、声や歌を良くするには声帯筋のパワーアップが不可欠なのです。
良質な牛肉ステーキで声帯筋を強くしましょう!



牛ヒレ肉 ☞ 脂質が少なくタンパク質がたくさんとれる
      鉄分が豊富でビタミンB類が豊富




b0367322_20310010.jpg


作り方

1 肉は焼く30分前には冷蔵庫から出し室温に戻す。

2 塩、胡椒を両面にふる。

3 フライパンに少量の油をひき、温まったら肉を入れ好みの焼き加減まで焼く。

4 お皿に盛り付けたらできあがり。お好きなステーキソースや塩・胡椒、わさび醤油などでどうぞ。







注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 




# by koe-meshi | 2017-04-06 05:29

声に力を!


声の力になるスペシャルトーストのご紹介です。
短い時間で超簡単にできます。
本番前やレコーディングスタジオ前に、是非、お試しください。



納豆 ☞ ナットウキナーゼで血液サラサラ、タンパク質

ちりめんじゃこ ☞ カルシウム

チーズ ☞ カルシウム、タンパク質




b0367322_20301844.jpg



〈材料〉
・食パン  1枚
・バター(お好みで)  適量
・納豆  1パック
・ちりめんじゃこ  適量
・醤油  少量
・溶けるチーズ  適量



〈作り方〉
1 食パンにバターを塗る。

2 納豆にちりめんじゃこと醤油少々を混ぜ1の上に広げ、溶けるチーズをのせオーブンで数分焼く。

3 チーズがおいしそうに溶けたらオーブンから取り出し、皿に乗せ胡椒を挽いたら出来上がり。





追記:歌う直前に食すと、発声運動能力は低下する恐れがあります。それは消化に労力を奪われてしまうから。やはり他のスポーツと同じようなもの。1~2時間前には済ませておきたいものです。





注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 




# by koe-meshi | 2017-03-12 10:30

糖質を声のエネルギーに!



今回はらっきょうです。
きっと好き嫌いがあると思いますが、案外、声に良い。
あの独特臭いは硫化アリルという物質です。
実は、硫化アリルの働きによってビタミンB1の吸収が高められます。
ビタミンB1は、糖質(炭水化物を含む)をエネルギーに変える代謝促進に欠かせない栄養素なのです。
つまり、発声しながらダイエットも兼ねるわけですね。
わたしもカレーライスを食す際は、福神漬けと共にらっきょう漬けが必須アイテム。




b0367322_15094299.jpg




b0367322_15094777.jpg




注:この食事による声の状態は個人差があり、主に製作者の感想です。あらゆる責務を負わない旨をお伝え申し上げます。
 


監修: Mo~Ri 

喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション 
 ボイスケアサロン 
 會田茂樹|あいだしげき 









# by koe-meshi | 2017-02-09 15:01